kibora

kiboraとは樹洞のことです。

樹木の幹にポッカリ空いた穴のことを言います。

この穴は、虫たちや動物たちが巣を作ったり、子育ての場にしたりと役に立っています。

樹洞は、生き物たちにとっての大切な場所です。

この本棚が、自分にとっての大切な本をしまっておく場所、そんな場所になるといいなと思い

kiboraと名付けました。

山の前製作所の企画商品になります。

無垢の木を使った家具を作ってまいりましたが、あるきっかけで合板の面白さを知り、

岐阜県美濃市にある会社と一緒に作りました。

1枚のブナの積層合板をくねくねと曲げました。緩やかな曲線は、軽やかで存在感抜群です。

 

意匠登録済
意匠登録済

 

 

 

 

 

W700×D290×H790

 上部の高さ335 棚受け部分の奥行き41

 収納部の高さ310、奥行きの内寸270、横幅の内寸610

 設置した時の奥行き370

 

ブナ積層合板、ボルト


ナチュラル

ウォルナット

チェリー


どんなお部屋にも合うように4色揃えました。

詳しくは、「ほろほろ森」のHPをご覧ください。

販売も行ったおります。